2018年08月01日

クラッシクユーロナンバープレートの発送8月1日

DSC_1924 (2).jpg
本日上記をプレートを発送しました。
事務所の看板とのことです。下側のプレートは新しい文字導入の試作品です。こちらはサービスです。
プレートの制作に関しては下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/no.html

posted by コーヒー色 at 18:19| 長野 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

ユーロナンバープレートの発送7月24日

e1201.jpg
昨日上記プレートを発送しました。英国仕様のプレートですね、
プレートの制作に関しては下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/no.html

posted by コーヒー色 at 08:54| 長野 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

ユーロナンバープレートの発送7月23に

e1200.jpg
本日上記プレートを発送しました。
プレートの制作に関しては下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/no.html


posted by コーヒー色 at 08:57| 長野 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

クラシックユーロナンバープレートの発送7月9日

e1193.jpg
本日上記プレートを発送しました。
プレートの制作に関しては下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/no.html

posted by コーヒー色 at 13:15| 長野 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

クラシック ユーロ ナンバープレートの発送7月6日

e1192.jpg
本日上記プレートを発送しました。
プレートの制作に関しては下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/no.html

posted by コーヒー色 at 15:52| 長野 ☔| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

1963-64年モールトンFフレーム スピードをホームページにアップしました。

e-1174.jpg

貴重な、初期のスピードをホームページアップしました。
詳しくは下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/antool3.html

posted by コーヒー色 at 14:13| 長野 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

作業中の自転車1963-64年モールトン Fフレーム スピードー2

e1169.jpg
フロントハブの分解清掃、状態良好です。
ペダルの分解清掃、状態良好です。

e1170.jpg
前後ブレーキの分解清掃、少し錆が残りましたが歪みなどなく状態良好です。


e1172.jpg
完成しました。
明日にでも試乗してホームページに掲載します。


posted by コーヒー色 at 20:37| 長野 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

クラシックユーロナンバープレートの発送6月25日


e1173.jpg
本日上記プレートを発送しました。

プレートの制作に関しては下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/no.html

posted by コーヒー色 at 20:29| 長野 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

作業中の自転車1963年~64年モールトンFフレーム スピード

e705.jpg
今回はこの車両になります。昨年の買い付けで見つけた初期(1963年)のスピードです。画像のように(画像ではまだきれいに見えます)かなりやれている状態でしたが、63年のリベット打ちフレームとアルミのマッドガードの状態が良かったので買ってきました。
僕が買い付けで購入するか否かを決める点を少し掲載しますね、
全体の外観がなんとなくおかしいなと思ったらフレームの歪みがをしっかりチェックします。そして塗装、再塗装されている車両は、相手が信用(レストアの記録がある等)出来るときや、よほどレアな車両か、フレーム以外の部品がとても珍しいとか以外は手を出しません。どんなにきれいに塗装がされてしているとしてもその下の状態はわかりませんからね。もちろんスイングアームのクラックは要チェック、塗装もできれば磨くだけで仕上げれるのがいいですね。それ以外にリムサイドの摩耗で走行距離を予想します。あとはオリジナル度、もしくは好感の持てるモディファイかとか考慮します。もちろん値段もね。
このスピードはボロに見えるけどオリジナル度が高いのと、あまり走行してなさそうなのと、63年のスピードが珍しいので買い付けたというわけです。お値段は売り主も価値がわかっていたので高めでしたが、、、、、


e1161.jpg
分解してフレームを清掃、各所タッチアップしました。


e1162.jpg
フロントサスの分解清掃、内部はきれいで状態良好です。
ヘッド周りの分解清掃、摩耗少なく状態良好です。
リアスイングアーム分解清掃、こちらも固着なく状態良好です。
BBの分解清掃、こちらも摩耗少なく状態良好です。

e1163.jpg
なんともコテコテのホイールです。


e1164.jpg
スターミーアーチャーFW4速ハブの分解清掃、こちらも摩耗、錆びなく状態良好です。

e1171.jpg
ピカピカではありあせんがかなりきれいになりました。そしてハブ年齢は64年でした。63年のフレームですから年越しで製作されたのでしょうか。


posted by コーヒー色 at 15:17| 長野 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

アレックス モールトンAPB14をホームページにアップしました。

e-1151.jpg
はい、完成です。
梅雨の合間のに試乗しましたが、各部問題なく軽快に走ってくれます。14速(今となっては少ないギヤですが)のギヤを駆使すればいつもの試乗コースも楽々登ることができました。
ホームページにアップしましたので見て下さいね。
http://403jp.com/antool3.html

posted by コーヒー色 at 09:17| 長野 ☔| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

作業中の自転車アレックスモールトンAPB14

e1145.jpg
今回は1990年代のモールトンAPB14です。
先ずは、分解です。画像ではフロントサスが組まれた状態ですが。ちゃんと分解しています。

e1137.jpg
フロントサスの分解清掃、問題ありません。
ヘッド周りの分解清掃、こちらも状態良好

e1141.jpg
リヤサス周りの分解清掃、問題ありません。
BBはシールドタイプで清掃のみ、問題がないのでこのまま使用します。

e1146.jpg
フレームが組み上がりました。

e1149.jpg
前後ハブの分解清掃、こちらも状態良好です。
スプロケットは新品同様です。

e1143.jpg

前後ディレイラーの清掃、少しやれていますがガタつきなく機能に問題無さそうなのでこのまま使用します。

e1147.jpg
ブレーキの分解清掃、こちらも問題ありません。

e1150.jpg
ペダルの分解清掃、こちらも状態良好です。

コテコテのFフレームに比べると分解清掃が楽ですね、
後は組みつけて調整するだけとなりました。








posted by コーヒー色 at 14:01| 長野 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

1965年モールトンデラックスをアップしました。

e-1121.jpg
1965年モールトンFフレームデラックス ニュールックをホームページにアップしました。
http://403jp.com/antool3.html

ラベル:ニュールック
posted by コーヒー色 at 11:23| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

作業中の自転車1965年モールトンFフレームデラックス ニュールック-2

DSC_1851.jpg
スターミーアーチャーFW4速ハブの分解清掃、錆もなく状態りょうでしたが、
試乗してスプリングが弱くなっているのがわかり、スプリングを新品に交換しました。
戻りの変速が鈍くなっている場合は、このスプリングを交換すると治る場合が多いですね。
あと、乗らないときは変速レバーをフリー(4速トップ)にしておくとスプリングの劣化が防げます。

DSC_1853.jpg
フロントハブの分解清掃、それなりの摩耗はありますが問題ありません。
前後ブレーキは少し錆はありますが、歪み等なく問題ありません。


e-1121.jpg
完成しました。
ラベル:ニュールック
posted by コーヒー色 at 10:35| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

作業中の自転車1965年モールトンFフレームデラックス

DSC_1844.jpg
今回は、1965年製のモールトンデラックス シリーズ2です。
まずはフレームを分解して清掃します。

DSC_1845.jpg
フロントサス、状態良好、
ヘッド周り状態良好、
BB、相応の摩耗はありますが問題なさそうです。

DSC_1847.jpg
フレームを組み上げて欠損していたアウターワイヤーガイドを取り付けました。

ラベル:ニュールック
posted by コーヒー色 at 18:32| 長野 ☔| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

作業中の自転車モールトンミニ/i-3

e1134.jpg
ブレーキゴムを買ってきたので、こちらも組み上げました。
画像がキレイすぎるのが気になります。そこそこ錆のあとは残っています。


試乗しましたが特に問題ないのであとは納車となります。




posted by コーヒー色 at 17:32| 長野 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

作業中の自転車1963年モールトンFフレームスタンダード/i-3

e1133.jpg
塗装に出していたフロントフォークが上がってきたので、さっそく組み上げました。
試乗して問題なし、あとは納車となります。

posted by コーヒー色 at 17:27| 長野 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

作業中の自転車モールトンミニ/i-2

e1118.jpg
フロントサス、BB、ヘッド周り、分解写真を撮り忘れましたが、
どれも、年式相応で問題はありません。
フレーム組み上がりました。

e1116.jpg
リアハブの分解清掃、ちょっとビックリしたのですが、片側の玉押しが偏摩耗してさらに直径が小さくなるまで削られていました。原因はシャフトの歪みのようです。このままではまともに走ってくれなので、予備のストックを使用します。スプロケットも摩耗が激しいので交換します。これらに関しては追加料金は発生しません。
フロントハブは、相応の摩耗はありますが問題ありません。

e1117.jpg
前後ブレーキの分解清掃、少し錆がありますが、問題ありません。

posted by コーヒー色 at 18:03| 長野 ☔| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

作業中の自転車モールトンミニ/i

e1101.jpg
今回は1970年頃のモールトンミニです。
ガレージに転がっていたのをお客様に見染て頂きました。
オリジナル塗装ですが、まんべんなく錆があります。お客様と相談して磨くだけで仕上げて行きます。


e1103.jpg
まずは分解してフレームの清掃です。
なんとなくですが、若干錆が落ちたように思います。これもこの車両が積み重ねてきた味と受け取れれば雰囲気がありますね。


ラベル:mini/i
posted by コーヒー色 at 21:36| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

クラシックユーロナンバープレート、ユーロナンバープレートの発送5月21日

e1113.jpg
本日上記プレートを発送しました。

プレートの制作に関しては、下記のホームページをご覧下さい。
http://403jp.com/no.html


posted by コーヒー色 at 11:38| 長野 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

作業中の自転車1963年モールトンFフレームスタンダード/i-2

e1079.jpg
少し前後しますが、スイングアームのピボット部固着です。普通はプラハンで叩くとシャフトは抜けるのですが、今回はWハンマーで強めに叩いても抜けませんでした。画像ではわかりづらいのですが、左側、スイングアームとフレーム側との間に少し隙間があります。これは、スリーブとシャフトが固着していて、一緒に動くのでスイングアームが押されて広がっています。このまま叩き続けるとスイングアームが歪んでしまいます。さらに、フレーム側にも損傷が及ぶこともあります。過去の苦い経験からここで作業を中断しました.
お客様と相談してこの分はシャフト、スリーブ、ブッシュを交換してでも治したいとの事でしたので、思い切って作業ができることになりました。ダメもとでCRC漬けにして1日置いてから、ちょっと小細工して再度シャフトをたたいてみました。もちろんシャフトが使えなくなることを前提にしています。ラッキーな事にシャフトが抜けてくれました。これでお客様の負担が少し軽くなります。

e1095.jpg
はい、無事スイングアームが取れてすっきりしました、

e1096.jpg
ヘッドパーツ、状態良好です。
フロントサス、上側のリング状のブッシュがフォークの歪みに合わせて削られています。これは、要交換かもしれません。スプリングはグリス切れだったのとフォークの歪みのため部分的にこすれて摩耗していますが、問題なさそうなのでこのまま使用します。あと、リターン側の短いスプリングが欠品していました。これは在庫の中古部品を使用します。フロントサスの受け金具に塗料が載っているのとサス内部のグリスがほぼなかったのとで、この部分も分解しないて塗装したと推測できます。
BB,年式相応の摩耗がありますが問題無さそうです。
スイングアームのピボット部、シャフトは叩いた時に変形したので交換します。スリーブは磨いて再使用します。ブッシュは問題ないのでそのまま使用します。

e1097.jpg
フレームと同じ63年製のスターミーアーチャAW3速のハブ、ベアリング部はしっかりグリスが入っていましたが内部はオイル切れでした。摩耗、錆びなく状態良好です。

e1099.jpg
フロントハブ、年式相応の摩耗がありますが問題ありません。
ペダル、こちらも摩耗はありますが問題ありません。

e1100.jpg
ブレーキキャリパー、少し錆が残りましたがきれいな方です。

これで分解清掃、油脂類交換、調整は終わりました。
お客様と相談してフロントフォークを交換することになったので、塗装に出したフロントフォーク待ちとなります。

posted by コーヒー色 at 20:21| 長野 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする