2017年06月02日

作業中の自転車88年モールトンAM7/W-5

DSC_1618[258].jpg
お客様のご希望でとりあえずマッドガードなしで組み上げました。
試乗しまたが各部問題なし、古いAMに見られるようなフロントサスのへたりもありません。
走りも軽快で長距離ツーリングなども楽しんでいただけると思います。
試乗後、ブルックスの皮テープを巻いて作業は終了となりました。

ラベル:am7/w
posted by コーヒー色 at 16:30| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

作業中の自転車88年AM7/W-4

DSC_1616[254].jpg
AM7の塗装が上がって来たので早速組み始めました。
とりあえず仮組まで終了。
あとはマッドガードを取り付けるか否かをお客様にご指示を頂き、組み上げて試走となります。

ラベル:am7/w
posted by コーヒー色 at 17:48| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

作業中の自転車88年モールトンAM7/w-3

e99.jpg
ディレイラーの分解清掃。傷はありますが摩耗少なく状態良好です。

e101.jpg
フレームの塗装にともない外した部品の清掃、問題ありません。
各部品、清掃組み立ては終了しましたのであとは塗装待ちとなります。

ラベル:am7/w
posted by コーヒー色 at 17:23| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

作業中の自転車88年モールトンAM7/W-2

e91.jpge92.jpg
先週末はエロイカジャパンに出店していて作業が滞っていましたAM7です。
英国から送られて来た画像、文章、また私が数年前に見た印象を合わせて状態は良好だと思っていた車体でしたがフレームを分解清掃してみると下地の悪さ、小傷の多さが気になってきました。お客様には状態良好とお知らせした上でお買い上げいただいたのでとても心苦しく思いながらも、塗装の現状と全塗装した場合の費用などをお知らせして塗装に出すことになりました。申し訳なく思っています。
上の画像はフロントサス、ヘッド周り、前後ハブの分解清掃です。どの部品も摩耗が少なく状態は良好です。あまり走行していなかったようです。
ラベル:am7/w
posted by コーヒー色 at 17:43| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

作業中の自転車88年モールトンAM7/w

e81.jpg
今回はHPに掲載していたAM7にGTフォークを移植した車両です。
この車両は英国の友人が長く所有していたもので今回70歳を機に売りたいとオファーが来たのをお客様にお買い上げいただき整備させていただくことになりました。

e84.jpg
とりあえずバラバラにしました。
ラベル:am7/w
posted by コーヒー色 at 17:54| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

作業中の自転車63年モールトンFフレーム/I

e73.jpg
前後ブレーキの分解清掃、リアブレーキはシャフトが交換されていましたが、お客様のご要望でオリジナルの物と交換しました。下の画像を見ると違いがわかります。
e52.jpge77.jpg

”違いの分かる男”であるお客様ならきっとこの部分も気になるかと思い+ネジをオリジナルのーネジに交換しておきました。追加料金は発生しません。
e74 (1).jpge76.jpg

e78.jpg
一通りの作業を終え、試乗しました。
ヘッドの違和感は解消されています。また、3速の変速も問題なく作動します。
これで快適に走っていただけると思います。
ラベル:63st/I
posted by コーヒー色 at 17:09| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

作業中の自転車63年モールトンFフレームスタンダード/I-3

e67[109].jpg
SA AW3速とフロントハブの分解清掃です。
フロントハブは年式相応の摩耗とシャフトに少し曲がりがありますが、曲がりは玉当たりに影響する場所ではないのでこのまま使用します。組んでみても問題ありません。
リアハブは中もきれいで問題ありませんが、スプロケットがかなり摩耗しています。
これはお客様と相談して決めたいと思います。
e70[111].jpg
後ろが元々装着されていたものです。
ラベル:63st/I
posted by コーヒー色 at 17:14| 長野 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

作業中の自転車63年モールトンFフレームスタンダード/I-2

e64[105].jpg
春になると色々外の作業が忙しくなってきて思うように作業が進みません。
BB,ヘッド周り、フロントサスの分解清掃です。
BBは年式相応に摩耗がありますが、組むとまずまずの状態となりました。
ヘッド周りはヘッドチューブ上端の広がり対策としてお客様と相談の上、他のメーカーのものと交換となりました。
フロントサスは固着や錆もなく良好ですが。グリスは切れていました。

e66[107].jpg
リアスイングアームの取り付け部です。普通はシャフトをプラハンでたたけば抜けるのですが、ハンマーを使ってもびくともしません。シャフトとスリーブが錆により固着している事が考えられます。この症状は少なからず見かけられます。
これを無理やり外す作業とリスク、使用する部品代金と作業代金をお客様にお話し、相談の上、この部分は分解せずに組み上げることになりました。
ラベル:63st/I
posted by コーヒー色 at 16:55| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

作業中の自転車63年モールトンFフレームスタンダード/I

e50[94].jpg

この車両は整備依頼で入庫しました。
変則がうまく行かないのと、ハンドル周りのガタと走行時にハンドルがとられるとの事でした。

試乗してみると、ギヤが1速に入りません。
これは、分解清掃して見ることにします。

ハンドル周りはやはりガタがあるのと、走行時にかなりハンドルが取られます。
お客様の話ですとヘッドをしっかり絞めると抵抗がかなりあり緩めるとガタガタするとのことです。
古いモールトンでは多少この傾向がありますが、この車両は、妥協できる次元ではありません。

e53[100].jpg

話からなんとなく想像はしていましたが、上の画像のようにヘッドチューブが広がっています。しかも均一ではありません。こうなるとFフレームに採用されているTDCのヘッド小物、上側の受け側の形状が災いして歪んだ状態となりヘッド周りに抵抗が出てしまいます。
広がった部分をカットしてたら? ~いやいや、ヘッドチューブはテーパー上になっているので、今度はヘッド上側の受けがガバガバになってしまう。
さて、どうしたもんじゃろのー

ラベル:63st/I
posted by コーヒー色 at 13:36| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

作業中の自転車64年モールトンFフレームスタンダード-4

e49[80].jpg

お買い上げ頂いたお客様のご用で凹んでいた箇所を修理に出しました。
ラベル:64st
posted by コーヒー色 at 17:26| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

AM GTのステンレス製メインフォークをアップしました。

ee42[78].jpg9

ちょっとレアなステンレス製のAM GT/speed Sのフロントメインフォークをホームページにアップしました。
もちろん当時のアレックスモールトンファクトリー純正、AMマーク入りです。
http://www.d7.dion.ne.jp/~offic403/cyclmm.html

image1[18].JPG

こんな風にモディファイしても良し、スペアとしてストックしても良しですよ。


posted by コーヒー色 at 14:38| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

作業中の自転車64年モールトンFフレームスタンダード-3

ee29[53].jpg

64年スタンダードアップしました。
http://www.d7.dion.ne.jp/~offic403/antool3.html

この車両はオリジナルの部品が比較的きれいだったのですが、残念なことに前オーナーが好みの色に刷毛で上塗りしてありました。これを全剥離して元色のブルーに再塗装して仕上げました。
古いのは好きだけどきれいな車両の方が良いという方にピッタリです。
各部分解清掃、油脂類交換、調整済で軽快にストレスなく走ってくれますので、このままお買い物やポタリングを楽しんでいただけると思います。
ラベル:64st
posted by コーヒー色 at 17:33| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

作業中の自転車モールトンスピード6K/6

DSC_1539[51].jpg

部品もきれいに清掃されていてすぐに作業が終わると思っていたスピード6でしたが、やはり古い車両です。一筋縄では行きませんでした。お客様と相談してとりあえず作業は終了しましたが、ブレーキ、チェーンリング、チェーンラインなどまだ完璧ではないところもあります。
オーナー様は古い自転車の経験が豊富な方ですから今後これらを改善しながらより快適な自転車となると思います。
ラベル:sp6k
posted by コーヒー色 at 12:48| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

作業中の自転車モールトンスピード6/K-5

DS1532[17].jpg
リアサスのラバーもくっついて部品もそろったので作業再開です。
とりあえず組み上げて、雪解け水をさけて軽く試乗しました。一番気になっていたクランクの歪みは少し走れば違和感がなくなる程度に修正できました。各部正常に作動して軽快に走ってくれますが、ブレーキの効きがイマイチです。もともとスピード6に採用されているブレーキはあまり性能がよくありませんが、付属していたブレーキゴムとリムの形状が一致していないので尚更効きません。この辺はお客様と相談して決めたいと思います。
あと、ローギヤに入れた時のチェーンラインがかなり無理がありました。ボスフリーとハブの間にスペーサーを入れて少しはましにまりました。これ以上はBBのシャフトを少し短いものに交換するしかありません。
完成までもう少しです。
ラベル:sp6k
posted by コーヒー色 at 15:42| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

作業中の自転車64年モールトンFフレームスタンダード-2

e15.jpg
スピード6のリアサスのラバー接着は以前使用してうまく行った接着剤を使用してもはがれてきます。再度鉄の面とゴムの面をサンドペーパーで荒らし脱脂をしっかりして72時間以上室内で乾燥させています。
この隙に塗装が上がってきた64スタンダードに着手しました。

e16.jpge17.jpg
BBはそれなりに摩耗がありますが、ヘッド小物、フロントサスの状態は良好です。

e18.jpg
フレームが組みあがりました。
ラベル:64st
posted by コーヒー色 at 16:44| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

作業中の自転車モールトンスピード6/K-4

e10.jpg
お客様と相談してクランクは修正を試みました。
目視ではよさそうですが、実際は走ってみないとわかりませんね。

e11.jpg
お預かりした時からリアサスのラバーが剥がれていたので、接着剤で固定したのですが、また剥がれてしまいました。気温が低かったかもしれません。今度は接着後室内にて温めて安静にしておきます。
うまく行くといいな、

ラベル:sp6k
posted by コーヒー色 at 17:57| 長野 ☔| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

作業中の自転車モールトンスピード6/K-3

e5.jpg
お客様とご相談してBBはそのまま組むことになりました。これにクランクを取り付けてみたら問題発生です。
左側のクランクが曲がっていました。きれいに再メッキされているのでちょっと残念です。
このままか、交換か、修正か、お客様の指示待ちとなりました。
古い自転車を修理しているとこのようなトラブルは日常茶飯事ですが、状態の良い代替品がないことが多くある程度の妥協も必要になってきます。
ラベル:sp6k
posted by コーヒー色 at 14:40| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

作業中の自転車モールトンスピード6/K-2

e2.jpg
スピード6にはこの部品がついています。リアスイングアームの硬さを調整します。

e3.jpg
フロントサス、ヘッド周り、の状態は良好ですがBBはシャフト、ワン共に磨耗が激しく組んでみるとゴリゴリです。この辺はお客様と相談して作業をすすめたいと思います。
ラベル:sp6k
posted by コーヒー色 at 18:12| 長野 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

作業中の自転車モールトンスピード6/K

D1694.jpg
今回は66年頃のモールトンスピード6です。
この車両はお客様が塗装、部品の清掃、ホイール組をしてから持ち込んでいただいたものです。
なるべくオリジナルに近づけて組んで行きたいと思います。
ラベル:sp6k
posted by コーヒー色 at 16:13| 長野 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

作業中の自転車モールトンMK3ax-4

D1692.jpgD1691.jpg
ほぼ組みあがったMK3にワンオフのディキャリアを取り付けてみました。このキャリア1個のみ販売します。詳しくは下記のホームページをごらん下さい。
http://www.d7.dion.ne.jp/~offic403/cyclmm.html

今回のMK3はデュラエースaxを組みたくてこのカラーaxのイメージカラーに塗装しました。
DS1684.jpg
そしてこのブレーキ、これがじゃなければaxを組む事もなかった。リア側は1cmアームが届かなかったので取り付け位置をずらしました。穴を開けた場所は肉厚もありアーチ状になっているので強度に問題はないと思います。
DS1682.jpgDS1686.jpg
リアディレイーのハンガーは後付けタイプです。ハンガーを直付けしてもよかったのですが、できればノーマルにもどせるようにと思い、変速レバーの台座も自作バンド止めとしました。あとはフロントディレイラーがうまく付けばOK
DS1681.jpg
axのクランクに他社製の60T+50T、そして選択肢なくDDペダルですが気に入ってます。
DS1690.jpg
シートポスト、ステムはaxですが、バーはチネリのなで肩、幅の狭いaxのバーがあれば交換したいところです。




ラベル:mk3ax
posted by コーヒー色 at 14:12| 長野 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする