2020年07月02日

作業中の自転車1965年モールトンスピード6

IMG_20200626_111636.jpg
今回はこの車両、貴重なスピード6です。もう少しきれいにしたいけど、全塗装は雰囲気がなくなるので嫌との事でお預かりました。
塗装は一見、雑なタッチアップをしてあるだけと思ったのですが、よく見ると、フロントフォーク、スイングアームは完全に上塗りしかも刷毛塗されています。メインフレームもメインチューブ以外かなりの範囲に刷毛塗されています。オリジナルの塗装が残っているのはわずかな部分です。
さて、どうするかな?

IMG_20200626_135428.jpg
取り敢えず分解して、コテコテの刷毛塗部分にペーパーを当ててなるべくきれいにしましたが、当たり前ですが下地が出てくるところがあります。濃い色なら補修塗装は比較的簡単なのですが、黄色はなかなか色がのらないので厳しいー、全部剥がして塗りなおしたいなー、とかなんとかぼやきながら補修塗装をていきます。

IMG_20200627_101526.jpg
フロントサスの分解清掃、状態良好です。
ヘッドパーツの分解清掃、状態良好、下側は社外品に交換されていますが問題無さそうなのでこのまま使用します。
リアスイングアームの分解清掃、ダンパー部分も含め問題ありません。
BBはシマノシールドタイプが付いていましたので清掃のみです。TAのクランクにシマノのシャフトは微妙にテーパーが違うとのことですから、あまり使いたくないのですが、お客様の意向を優先します。

IMG_20200627_121538.jpg
前後ブレーキの分解清掃、状態良好です。オリジナルからユニバーサル製?のデュアルピボットに変更されています。

IMG_20200630_141710.jpg
ディレイラーの分解清掃、問題ありません。こちらはオリジナルのシクロP2改です。

IMG_20200630_163341.jpg
フレームが組み上がりました。遠目にはきれになりました。あまり近くで見ないでね。
ディレイラーのアウターワイヤーが短いなと言うところで今日の作業は終了です。
posted by コーヒー色 at 20:02| 長野 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください