2020年06月19日

今回の作業、デュオマチックのオーバーホール

IMG_20200613_134121.jpg
今回はデュオマチックのオーバーホールです。AM2にて使用しているそうで、17インチのホイールを履いたFフレームがあったので、ホイールのみを送って頂きました。まずは軽くチェックしてみます。基本的な機能、変速、ブレーキは問題なさそうです。オーバードライブがかかっているときに少し周期的な異音があるので気になります。あとホイールのガタが少しあるくらいです。

IMG_20200613_144036.jpg
まずは、分解清掃しました。ほとんど使用されていなような状態で、各部問題ありません。が、、、

IMG_20200613_164431.jpg
装着されていたダストカバーが問題ありです。
このデュオマチックはAM2に使用されているそうですがなぜか旧タイプです。しかし、ダストカバーのみ新しいタイプでした。この組む合わせですと、軸の調整をするとダストカバーとハブ本体が接触して回転が固くなってしまいます。これを解消するためか、通常ダストカバーとスプロケットの間に入れるスプロケットがダストカバーの内側に入れられていました。でも、ガタがないように軸の調整をすると接触しまいます。ハブのガタがあったのはこれを回避した結果かと思います。さて、どうしたものか、
実はBoAでのモールトンオーナーズミーティング会場で旧タイプのデュオマチックを多数買ったことがあるのですが、ダストカバーが付属していなかったので、日本で購入したことがあります。さっそく問い合わせてみましたが、在庫なし、入荷予定なし、さて、どうしたものか、
取り敢えず在庫の1mmのスペーサーを追加してみました。干渉はしなくなりますが、スプロケットのロックリングがしっかり入りません。最悪はスプロケットを削れば解決できますが、あまり気が進みません。数種類のシムを取り寄せて干渉しない最低限の厚みのシムを探して入れてみるとロックリングもしっかり入りました。
組み立ててスタンドでチェックすると機能は問題ありませんが、やはりオーバードライブ時に周期的な異音が出ます。ブレーキをのストッパーアームの向きを変えると小さくなったり、消えたりしますが、少しテストしているとやはり音が出てきます。しかたないので、在庫のデュオマチックのユニット(ハブ本体以外)をそっくり交換しても同じ症状です。もうハブ本体くらいしか考えられませんが、しっかりチェックしても異常はみつかりませんでした。
お客様に方向すると機能に異常がなければそのままでいいとの事、すっきりしないまま、実走行でのチェック

IMG_20200618_141202.jpg
タイラップが見苦しいですが仮止めして実走行でのチェックをしましたが、やはり音は残りましたが、ここまでが僕の限界かな、
不完全燃焼での納品となりました。
IMG_20200618_153851.jpg
どなたか、原因が推測できる方がいましたら是非ご教授下さい。


posted by コーヒー色 at 21:04| 長野 ☔| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください