2013年08月21日

石釜作り-3

c5604.jpg
実験も兼ねて同時進行で作ったストーブの方のヒートライザーの火入れがほぼ成功だったので、気をよくして石釜の方も一気に作業を進めました。ヒートライザー本体は完成であとはオーブン部分を載せるための細工作りです。
何かの真似や設計図があるわけでもなく、頭の中で考えながらなんとなく作り始めたので、ここに来て帳尻合わせが大変です。まず、サイズがちょっと小さい、土台は90cm四方で作り始めましたが、現在70cm四方になっています。これでは私が考えている構造のオーブンの中は直径45cmが背いっぱいとなってしました。そして、薪の焚き口も小さい、これは最初に考えていたのと変更した為ですが、レンガ半丁分延長しました。そしてデザインも、、、画像のように正面にレンガなんて見える予定ではなかった、自然石のかたまりのこうなのをイメージしてたのにな。自分でやっててなんですが、うまくできるんだろうか、、、、
火入れは名古屋骨董祭から帰ってきてからやろー、
名古屋骨董祭8月23~25日、吹上ホールです。みんな来てね。
posted by コーヒー色 at 15:29| Comment(2) | 田舎暮らし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吹上なら近い。
いけるかな。
Posted by makoto at 2013年08月22日 18:23
Makoto様
ぜひ遊びに来て下さい。
Posted by コーヒー色 at 2013年08月22日 22:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください