2011年11月20日

雨から晴れ

IMG_20111120_095217.jpg

AHCJの八ヶ岳ツーリングは、天気予報どうり、土曜日は雨でした。こんなに早く交換したワイパーモーターの耐久テストができるとは、、、、結局、予定していたツーリングをキャンセルして、ペンション近くの温泉行きとなりまいた。途中、地元の私が道に迷うアクシデントがありましたが、雨の中トラブルもなく到着、のんびりとすごしました。
日曜日は、予報どうり晴れてくれました。こうなると、みんなのテンションはあがります。かなりハイペースで、ワインディングロードをはしりました。こういうときは、オープンカーは、爽快、昨日の苦痛も何処かへ行ってしまいました。
画像は、古い車のツーリングには、つきものの光景です。もうすぐ休憩場所というところで、失速、エンジンがかからなくなりました。皆で坂道を押し上げて、点検です。最初は、カブッタだけかと思いましたが、プラグを見ても濡れていません。では、ガソリンが来ていないとの予想で、セルを回してチェックすると、やっぱり燃料がきていません。さて、原因は? フュエルメーターを見るとエンプティーをさしています。オーナーに指摘すると、元々壊れているとのこと、そして、ガソリンはまだ大丈夫のはずとのこと、でも、燃料タンクを覗いて車を揺すると微かな音がするだけです。もしやと、ガソリンを入れて始動してみたら、快調にエンジンはまわりました。あ~あ、やっちゃったね。
この車のオーナーは、この時からガス欠と呼ばれることとなりました。ちなみに、車の色は同じですが、私じゃありませんよ。
posted by コーヒー色 at 21:32| Comment(2) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンジン音が標高が高いとキャブの調整も要りますね。楽しいアイドリングの音が聴こえてきそうです。
Posted by makoto at 2011年11月21日 01:09
makoto様、

メンバーのほとんどの車は、SUキャブですから、ちょっとカブリ気味になるくらいです。シビアにセッティングしたウエーバーなんかだと、やっかいなことになるようです。
Posted by コーヒー色 at 2011年11月21日 17:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください