2011年08月25日

リサイクル?

c1720.jpg

昨日は、一晩塩と白ワインで寝かせておいた鶏肉と夏野菜を耐熱皿にぶち込んで、オーブンでこんがり焼いて、ワインと一緒に美味しく頂きました。こういう料理をすると、お皿の底におしい汁、上品に言うとスープが残ります。これを捨ててしまうのは、もったいない。今回は、濃い目のめんつゆを加えて、さっとひと煮立ちさせて、そうめんのつけダレにしました。冷たいそうめんに暖かいタレが絶妙にマッチし、最近の凝りすぎつけ麺より、うまいと思ってしまいました。これまた、自己満足ですね。
食のリサイクル、よくあるのは、鍋のあとの〆の雑炊や、麺ですね。私が子供の頃は、すき焼きの次の昼は、残った鍋の中にうどんを入れて出されました。おばあちゃんが、煮魚の汁に熱いお茶を入れて飲んでいたのも思い出しました。スイスでは、チーズフォンデュの〆に生卵を入れて、こねこねして食べます。
これは、うまいよというアイデアをお持ちの方、教えて下さい。
posted by コーヒー色 at 16:26| Comment(0) | 料理 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください